楽譜出版《ミュージック・ベルズ》公式通販
ホーム
0
楽器で探す
編成で探す
ご案内
カート
ユーザー
絞り込む
楽器で探す
編成で探す
コンテンツ
ドビュッシー  交響曲 ロ短調 オーケストラ版(越岡卓哉編)
9,500円(内税)
各オプションの詳細情報
楽譜形体 電子(PDF)楽譜
楽譜形体 電子(PDF)楽譜
9,500円(内税)
楽譜形体 通常(印刷)楽譜
楽譜形体 通常(印刷)楽譜
20,000円(内税)
MB1962
ドビュッシー  交響曲 ロ短調 オーケストラ版(越岡卓哉編)
9,500円(内税) 〜 20,000円(内税)
スコア(36ページ)+パート譜セット(全135ページ)

サンプル音源を聴く
楽譜サンプルを見る
(注:ファイルサイズを小さくするためにJPEG化し、画質を落としてあります)

【編成】オーケストラ:
Fl2(2nd also Picc.), Ob, Ehr, Cl2, Fg2,
Hr4, Tp2, Trb3, Tuba, Timp, Trg, Tamb, S.Dr, Cymb, B.Dr, Xyl, Hp, 弦5部

【難易度】5.上級者向き
【原曲】Symphony in B minor / Claude Debussy
【編曲】越岡卓哉 (Takuya Koshioka)
【演奏時間】約9分20秒

ドビュッシーが18歳頃に作曲したピアノ連弾曲を管弦楽に編曲したものです。
習作的な性格の楽曲であるため、後年の曲に見られるような印象派的技法はほとんどなく、むしろチャイコフスキーなどのロシア・ロマン派の作曲家たちに近い曲想となっています。とは言えサロン音楽風の旋律や激しい転調の連続など、後のドビュッシーの特徴を予見させるような要素もちらほらと見受けられます。
管弦楽は二管編成ですが、打楽器やハープが加わった近代的な編成となっており、色彩的音響をねらって編曲しました。難易度は高めですが全てのパートに活躍の機会がありますので、演奏会のオープニングやメイン・プログラムとして、きっと効果を発揮するでしょう。


キーワード:演奏会 プログラム
この商品を購入する