楽譜出版《ミュージック・ベルズ》公式通販
ホーム
0
楽器で探す
編成で探す
ご案内
カート
ユーザー
絞り込む
楽器で探す
編成で探す
コンテンツ
J.S.バッハ パッサカリアとフーガ ハ短調 BWV582 フルートと弦楽四重奏(M. Shimoda編)
960円(内税)
各オプションの詳細情報
楽譜形体 電子(PDF)楽譜
楽譜形体 電子(PDF)楽譜
960円(内税)
楽譜形体 通常(印刷)楽譜
楽譜形体 通常(印刷)楽譜
3,800円(内税)
MB1986
J.S.バッハ パッサカリアとフーガ ハ短調 BWV582 フルートと弦楽四重奏(M. Shimoda編)
960円(内税) 〜 3,800円(内税)
スコア(31ページ)+パート譜セット(全65ページ)

楽譜サンプルを見る
(注:ファイルサイズを小さくするためにJPEG化し、画質を落としてあります)

【編成】フルートと弦楽四重奏(1st Violin, 2nd Violin, Viola, Cello)
【難易度】3.中級者向き
【原曲】Passacaglia and Fuga, in C minor, BWV.582 / Johann Sebastian Bach
【編曲】M. Shimoda
【演奏時間】約13分

バッハの有名なオルガン独奏曲です。レスピーギやストコフスキーがオーケストラ用に編曲したことでも知られています。これを弦楽合奏+フルート、もしくは弦楽四重奏+フルートで演奏できるように編曲しました。

前半のパッサカリアは、3拍子の重厚な変奏曲で、はじめにチェロがテーマを提示した後、20もの変奏が切れ目なく続きます。その間、いずれかのパートでテーマがオステナートとして繰り返し奏されます。後半の4声のフーガは、8分音符の特徴的な音形と16分音符の早いパッセージが、最後のクライマックスに至るまで続きます。

全体を通じ、どのパートも同程度に活躍するようにしてあります。特にどの楽器が難しいとか易しいとかはありません。フルートは比較的高音域を多用していますが、最低音のCも出てきます。チェロは、主にオルガンのペダルパートを受け持つので、テーマを繰り返することになりますが、16分音符での広い音域に渡って疾駆するところもあります。パッサカリアでは、鍵盤楽器特有の音形が多く、変奏によっては見た目以上に演奏が難しいかもしれません。

原曲には、強弱記号は何も書いてありませんが、オルガンの演奏を聴くと、多くの場合、変奏によって音色や強弱を変えて 表情をつけていることに気が付きます。この編曲では、ダイナミックで迫力ある演奏を想定して、編曲者の判断で強弱を指定してあります。これには賛否があろうかと思いますので、演奏の際には表記にこだわらず、好みに合わせて工夫されるのが良いかと思います。

10人程度のアマチュア合奏団で演奏したことがありますが、練習では、パート間にまたがる分散和音や、3連符が連続するパッセージでアンサンブルを揃えるのに苦労しました。また、クライマックスでファルテやフォルテッシモが持続せず、力強さに欠く演奏になりがちでした。こういった点を克服できると、結構迫力のある聴き映えのする演奏になると思います。

なお、パート譜は譜めくりを考慮して段組してあり、両面印刷してそのまま綴じれるようになっています(Vn1の最初の譜めくりはちょっと忙しいかもしれませんが...)。


キーワード:弦楽アンサンブル カルテット クァルテット ビオラ バイオリン  ヴァイオリン ヴィオラ 楽譜 弦楽オーケストラ
この商品を購入する

この商品を買った人は
こんな商品も買っています