楽譜出版《ミュージック・ベルズ》公式通販
ホーム
0
楽器で探す
編成で探す
ご案内
カート
ユーザー
絞り込む
楽器で探す
編成で探す
コンテンツ
J.S.バッハ 前奏曲とフーガ ニ短調 BWV539 フルートと弦楽四重奏(M. Shimoda編)
800円(内税)
各オプションの詳細情報
楽譜形体 電子(PDF)楽譜
楽譜形体 電子(PDF)楽譜
800円(内税)
楽譜形体 通常(印刷)楽譜
楽譜形体 通常(印刷)楽譜
1,300円(内税)
MB1997
J.S.バッハ 前奏曲とフーガ ニ短調 BWV539 フルートと弦楽四重奏(M. Shimoda編)
800円(内税) 〜 1,300円(内税)
スコア+パート譜セット

楽譜サンプルを見る
(注:ファイルサイズを小さくするためにJPEG化し、画質を落としてあります)

【編成】フルートと弦楽四重奏(1st Violin, 2nd Violin, Viola, Cello)
【難易度】3.中級者向き
【原曲】Prelude and Fugue in D minor, BWV.539 / Johann Sebastian Bach
【編曲】M. Shimoda
【演奏時間】約8分

バッハのオルガン曲のなかでも人気の高い曲の一つです。フーガは、有名な無伴奏ヴァイオリンソナタ1番ト短調BWV1001の第2楽章とほぼ同じですが、ヴァイオリンソナタのほうが原曲(※)のようです。これを、弦楽四重奏+フルート、もしくは弦楽合奏+フルートで演奏するように編曲しました。
 ※クラシック音楽作品名辞典(三省堂)のBWV539の項を参照しました。

前奏曲は短いがドラマチックな曲です。ハーモニーが厚く美しく響くので、弦楽合奏向きです。強弱やスラーなどのアーティキュレションは指定していませんが、強弱を工夫すればよりドラマティックに演奏することも可能です。

フーガでは、主題は全てのパートに現れるので、チェロもヴィオラもヴィオリン・フルートと同程度に活躍しますが、原曲のヴァイオリン的な軽快な動きが要求されるパッセージは、フルートやヴィオリンが中心になります。やはり、強弱は指定していませんが、全体として終盤のクライマックスに向かって盛り上がっていくようにすれば、ドラマティックで聴き映えする演奏になると思います。

10人程度のアンサンブルで演奏しましたが、前奏曲は複雑ではないし、フーガは有名な曲でみんなが知っていたためか、合奏すること自体はそれほど難しくありませんでした。


キーワード:弦楽アンサンブル カルテット クァルテット ビオラ バイオリン  ヴァイオリン ヴィオラ 楽譜 弦楽オーケストラ
この商品を購入する

この商品を買った人は
こんな商品も買っています