楽譜出版《ミュージック・ベルズ》公式通販
ホーム
0
楽器で探す
編成で探す
ご案内
カート
ユーザー
絞り込む
楽器で探す
編成で探す
コンテンツ
佐藤弘和 マンドリンアンサンブルのための ソナチネ第1番(小編成ギター・マンドリン合奏)
1,000円(内税)
各オプションの詳細情報
楽譜形体 電子(PDF)楽譜
楽譜形体 電子(PDF)楽譜
1,000円(内税)
楽譜形体 通常(印刷)楽譜
楽譜形体 通常(印刷)楽譜
1,800円(内税)
MB1385
佐藤弘和 マンドリンアンサンブルのための ソナチネ第1番(小編成ギター・マンドリン合奏)
1,000円(内税) 〜 1,800円(内税)
合奏用スコア(全6ページ)

サンプル音源を聴く
楽譜サンプルを見る
(注:ファイルサイズを小さくするためにJPEG化し、画質を落としてあります)

【編成】小編成マンドリンアンサンブル(Mandolin 1st, Mandolin 2nd, Mandola, Guitar)
【難易度】2.初級〜中級者向き
【作品名】マンドリンアンサンブルのための ソナチネ第1番
【作曲】佐藤弘和 (Hirokazu Sato)
【作者webサイト】
http://ameblo.jp/sato-guitar/
【演奏時間】約5分

小編成のマンドリンアンサンブルのために作曲した3楽章形式のミニチュア。実力のあるアンサンブルなら初見でも出来る易しいレベルだと思います。

第1楽章Allegro con brio
マンドリンの開放弦の和音、ト長調の音階、トレモロとピッキングなど取り混ぜているので、エチュードとしても使えるようになっています。
第2楽章Andantino quasi allegretto
セレナーデ風の小品。これもメロディは音階になっています。あまり遅くならずに(蚊と言って速すぎず)爽やかに。
第3楽章Allegro ritmico
マンドリンのやはり開放弦を利用して全弦のストロークで始まります。生き生きとしたリズミカルな演奏を。

全体的に教育的配慮のある作品ですが、鮮やかに弾けば演奏効果もあるのではないでしょうか。マンドリンパートは基本1段で書いて必要な時にディヴィジョンするようになっているのは2nd.パートも1st.と同じようにメロディを弾きたいだろう!という考えから。常時音がたくさんあるという状態を避けるためでもあります。

演奏会のちょっとした小品として取り上げてみて下さい!


キーワード:ギターマンドリンアンサンブル ギタマン デュオ デュエット アンサンブル  クラシックギター アコースティックギター アコギ 楽譜 ギター教室 発表会
この商品を購入する

この商品を買った人は
こんな商品も買っています