楽譜出版《ミュージック・ベルズ》公式通販
ホーム
0
楽器で探す
編成で探す
ご案内
カート
ユーザー
絞り込む
楽器で探す
編成で探す
コンテンツ
J.S.バッハ 2つのヴァイオリンのための協奏曲 ニ短調 BWV.1043より 第2楽章 ピアノソロ(田中博幸編)
600円(内税)
各オプションの詳細情報
楽譜形態 電子(PDF)楽譜
楽譜形態 電子(PDF)楽譜
600円(内税)
楽譜形態 通常(印刷)楽譜
楽譜形態 通常(印刷)楽譜
1,100円(内税)
MB0310
J.S.バッハ 2つのヴァイオリンのための協奏曲 ニ短調 BWV.1043より 第2楽章 ピアノソロ(田中博幸編)
600円(内税) 〜 1,100円(内税)


楽譜サンプルを見る
(注:ファイルサイズを小さくするためにJPEG化し、画質を落としてあります)

通常ピアノ譜

【編成】ピアノソロ(Piano Solo)
【難易度】3.中級者向き
【原曲】"Largo ma non tanto" (2nd mov.) form Concerto for Two Violins, BWV.1043 / Johann Sebastian Bach
【編曲】田中博幸 (Hiroyuki Tanaka)
【作者webサイト】
http://expiano.org/piano/bach/
【演奏時間】約2分40秒

原曲は2台ヴァイオリンによる2声の旋律と通奏低音が基本となっています。
編曲の基本方針としては、一番高い声部を右手で、通奏低音を左手でそれぞれ演奏し、あとはもう一つの旋律を右手・左手を使い分ける、といった簡単なものです。

ただし、どうしても2つのヴァイオリンは同じ音域を演奏するのでメロディを弾き分けるのが難しいだけでなく音楽としても面白みに欠けるため、旋律をオクターブ上や下に移動することで、接近した同じ音域での旋律の衝突を少なくし、曲想に変化を与えました。また、ピアノは高音域で輝かしい音色が出せるため、しつこくならないと思う範囲で高音部のオクターブ和音を盛り込みました。

キーワード:2台バイオリン Doppel Concerto ドッペルコンチェルト YouTube 実演動画あり
この商品を購入する

この商品を買った人は
こんな商品も買っています