楽譜出版《ミュージック・ベルズ》公式通販
ホーム
0
楽器で探す
編成で探す
ご案内
カート
ユーザー
絞り込む
楽器で探す
編成で探す
コンテンツ
W.A.モーツァルト ピアノソナタ第16番 ハ長調 K.545より第1楽章 木管五重奏(遠藤雄一編)
1,000円(内税)
各オプションの詳細情報
楽譜形体 電子(PDF)楽譜
楽譜形体 電子(PDF)楽譜
1,000円(内税)
楽譜形体 通常(印刷)楽譜
楽譜形体 通常(印刷)楽譜
1,800円(内税)
MB2591
W.A.モーツァルト ピアノソナタ第16番 ハ長調 K.545より第1楽章 木管五重奏(遠藤雄一編)
1,000円(内税) 〜 1,800円(内税)


楽譜サンプルを見る
(注:ファイルサイズを小さくするためにJPEG化し、画質を落としてあります)

スコア+パート譜セット

【編成】木管五重奏(Flute, Oboe, Clarinet, Horn, Fagotto/Bassoon)
【難易度】4.中級〜上級者向き
【原曲】Piano Sonata No.16 in C major, K.545 / Wolfgang Amadeus Mozart
【編曲】遠藤雄一 (Yuichi Endo)
【演奏時間】約3分

モーツァルトのピアノソナタ第16番 K.545 と言われてもあまりピンとこないかも知れませんが、ドーミーソーシードレドー で始まる曲です。そのピアノ曲をフルート、オーボエ、クラリネット、ホルン、ファゴットといったオーソドックスな木管五重奏にアレンジしました。

モーツァルトのような古典派の作品を編曲する際、古典派的な素朴さに対してどの様な態度を取るか、といった問題に常に直面します。人により意見は異なるかと思われますが、基本的に二声で書かれている作品を常に五声を保たねばならないような条件の下で編曲する以上、和音の厚みが増すという傾向は避けられませんので、和音としての要素が原曲よりも強くあり、そして、その和音の質を基準として一曲としての統一感を得られるように全体をまとめるといった方針を採用しました。

アーティキュレーションは自分なりの解釈で付けましたが、何も付していないパート譜も用意しましたのでご活用下さい。 尚、原曲は三楽章構成ですが、第一楽章のみの編曲ですので予めご了承下さい。


キーワード:木管アンサンブル クラリネット フルート オーボエ ファゴット バスーン 楽譜 モーツアルト
この商品を購入する

この商品を買った人は
こんな商品も買っています