楽譜出版《ミュージック・ベルズ》公式通販
ホーム
0
楽器で探す
編成で探す
ご案内
カート
ユーザー
絞り込む
楽器で探す
編成で探す
コンテンツ
F.シマンドル 《コントラバスとピアノのための30の練習曲》より第18番「トレヴィ広場」 コントラバス三重奏(小室昌広編)
600円(内税)
各オプションの詳細情報
楽譜形体 電子(PDF)楽譜
楽譜形体 電子(PDF)楽譜
600円(内税)
楽譜形体 通常(印刷)楽譜
楽譜形体 通常(印刷)楽譜
1,100円(内税)
MB2735
F.シマンドル 《コントラバスとピアノのための30の練習曲》より第18番「トレヴィ広場」 コントラバス三重奏(小室昌広編)
600円(内税) 〜 1,100円(内税)
スコア+パート譜セット

楽譜サンプルを見る
(注:ファイルサイズを小さくするためにJPEG化し、画質を落としてあります)

【編成】コントラバス三重奏(3 Double bass/Conrabass)
【難易度】4.中級〜上級者向き
【原曲】30 Etudes for Double Bass and Piano : No.18 / Franz Simandl
【編曲】小室昌広 (Masahiro Komuro)
【演奏時間】約3分

*シマンドルの30の練習曲の第18番に基づくコントラバス三重奏です。
*ひとつのパートがオリジナルの練習曲の譜面となっていて、残り2つのパートが旋律や伴奏を加えています。
*副題は楽曲のイメージから編曲者がつけました。
*練習曲のパートがピッツィカートのアルペジオを奏でる中間部では、それに乗って他のパートがフラジオレットの透明感のある音で伸びやかなメロディーを奏でます。この部分に泉のイメージがあり、最初の部分の勇ましく華やかな部分を含めてトレヴィの泉とその周りの情景を連想し副題としました。
*オリジナルパート以外は前述の場面を除き全てピッツィカートで伴奏します。途中フラジオレットの音をピッツィカートで演奏する特殊な部分もあります。
*オリジナルパート以外のパートの最高音は、フラジオレットの部分を除くと、(記符上で)ひとつがト音記号で上2線上のD#、もうひとつがト音記号で上2間のCとなっています。フラジオレットでは各弦の4〜7倍音を駆使して音階などを形作ります。


同シリーズ F.シマンドル 《コントラバスとピアノのための30の練習曲》コントラバス三重奏 全楽譜リスト


キーワード:コンバス 弦バス ベース 独奏 楽譜 アンコン アンサンブルコンテスト 楽器紹介 パート紹介 エチュード
この商品を購入する