楽譜出版《ミュージック・ベルズ》公式通販
ホーム
0
楽器で探す
編成で探す
ご案内
カート
ユーザー
絞り込む
楽器で探す
編成で探す
コンテンツ
ハイドンによる2つのやさしい合奏「聖アントニーコラール」「交響曲101番」 ギター三重奏(佐藤弘和編)
600円(内税)
各オプションの詳細情報
楽譜形体 電子(PDF)楽譜
楽譜形体 電子(PDF)楽譜
600円(内税)
楽譜形体 通常(印刷)楽譜
楽譜形体 通常(印刷)楽譜
1,100円(内税)
MB1467
ハイドンによる2つのやさしい合奏「聖アントニーコラール」「交響曲101番」 ギター三重奏(佐藤弘和編)
600円(内税) 〜 1,100円(内税)
合奏用スコア

楽譜サンプルを見る
(注:ファイルサイズを小さくするためにJPEG化し、画質を落としてあります)

【編成】ギター三重奏/合奏(3-part Guitar Trio / Ensemble)
【難易度】2.初級〜中級者向き
【原曲】"Chorale St. Antoni", Symphony No.101 The Clock"" /Franz Joseph Haydn
【編曲】佐藤弘和 (Hirokazu Sato)
【作者webサイト】
http://ameblo.jp/sato-guitar/
【演奏時間】約6分

F.J.ハイドンの有名曲2曲の合奏(3パート)編曲です。

☆「聖アントニーのコラール」イ長調、4分の2拍子
お馴染みのシンプルな曲です。文字通りコラールのように全体で響きを作るようなイメージで弾いて下さい。

☆「交響曲第101番“時計”第2楽章のテーマ」ト長調、4分の2拍子
3rd.が主に伴奏パート。1st.&2nd.の2つのパートで、一つのメロディを奏でていきます。もちろん一つのパートでメロディを弾いてもいいのですが、それでは難しくなってしまうので2つのパートでわけて弾くわけです。代わりに合わせる難しさが増してしまいますが、それがアンサンブルの面白さ、醍醐味ですからね!

2曲とも適度な長さなので、仕上げも短期間で済み、発表会やフェスティバルなど気軽に演奏して楽しめると思います。


キーワード:ギターマンドリンアンサンブル ギタマン トリオ アンサンブル  クラシックギター アコースティックギター アコギ 楽譜 ギター教室 発表会
この商品を購入する

この商品を買った人は
こんな商品も買っています